• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/9/9-11 双六岳・笠ヶ岳 (2日目)

P1030252.jpg

まずは動画から(´ム_,` )



4時に起床し、トレッキングの準備をした。
となりの布団で眠られていた青年はどうやら前日言っていたとおり3時に出発したらしい。
今日中に野口五郎岳・水晶岳・鷲羽岳にせめたいといっていた。

小屋の外に出てみると、幻想的な景色が広がっていた。
前日の大雨がウソのように晴れていた。
P1030209.jpg
山小屋の朝は早く、4時5時位になると出発されている方が何人かいた。
P1030206.jpg
双六小屋の朝食。昨日と同じで薄味だった。濃い目の味が好きな方だと少し物足りないかもしれない。
P1030207.jpg
前日まで姿を現さなかった鷲羽岳。
来年は鷲羽岳・水晶岳に行ってみたい。
P1030215.jpg
早めに用意していたのに、皆より遅めの出発となった。
荷物を山小屋に預け、双六岳に。
前日知り合った方の話だとこの近辺に最近熊が出たとの事・・・。
クマベルを装備し、小屋横にある登山道を出発。
小屋から一気に急登。
巻き道・中道への分岐をすぎてなおも登った。
P1030221.jpg
ある程度登ると、独特的な双六の景観が広がった。

P1030228.jpg
双六岳 2860m
展望はよく槍・穂高・立山・笠ヶ岳方面も見ることができた。
P1030237.jpg
山小屋に戻り、荷物をうけとり。
笠ヶ岳小屋にむけて出発。
P1030254.jpg
弓折乗越まで同じ道だったが昨日はガスがかかっていたため何も見れなかったが、今日は天気が良く絶景だったので同じ道だが飽きはしなかった。
P1030269.jpg
槍ヶ岳方面
P1030276.jpg
弓折乗越から弓折岳へ。大ノマ乗越から大ノマ岳までは長い登りだった。ここまでの道のりはアップダウンが激しく体力のない私にとってかなりきつかった。
途中 ナニワのイケメンの「からげんき」さんに遭遇した。体力もありサクサクと追い越されていった。大ノマ岳でまたまた遭遇。
今度山行きましょう!
P1030283.jpg
秩父平につくとこれまた絶景だった。
しかしそこからが、私にとって地獄の始まりだった。。。(:.;゜;Д;゜;.:)
詳しくは動画見たらわかります・・・・・
とにかくきつかった。

登りきり稜線に出るとアップダウンは緩くなった。抜戸岳・笠新道分岐を経てやっと笠ヶ岳付近に到着した。
P1030284.jpg
テント場と山荘はかなり離れていた。
3回行き来したがかなりきつかった。。。
P1030286.jpg
下に水場があるみたいだが、枯れていたので小屋まで補給しにいった。
小屋の水は雨水。料金はかからず無料だった。
P1030288.jpg
この日はガスがかかったり、晴れたりしたので展望が望めなさそうなので笠ヶ岳頂上には登らなかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

danashi

Author:danashi
主に奈良の山と金剛山に出没します^^
高所恐怖症&びびりで一人では危険なところにはいけないであります。
山での一期一会を大切にしてます^^

twitterしてます(^^)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


訪問者さん^^
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
danashi twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。