• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/9/14 谷川岳

簡単更新♪

文章むちゃくちゃですがおゆるしを(´ム_,` )

オキノ耳




皆さん谷川岳を知っていますかい?

谷川岳とは群馬と新潟県の県境にあり百名山の一つじゃい。

荒々しく美しい山で特に一ノ倉沢kら見た景色が素晴らしい。

頂上から見る景色も絶景。


しかしこの美しい山は「魔の山」ともいわれている。

亡くなった方が非常に多く現在で800人以上が亡くなられている。

その数はどうやら世界一らしい。


DSC01444.jpg
↑「慰霊碑」

この山で有名な事件は宙吊り事件。岩壁での遭難事故で宙吊りになった遺体に救助隊が近づけず、陸自の狙撃部隊が一斉射撃してザイルを切断して遺体を収容したこともあった。

・・・・
・・・
・・


谷川岳が「魔の山」とかいわれているがこんな美しい山がそんな風に呼ばれているのは何だか悲しいわい。



今回東京出張を利用してその谷川岳に登ってきた。

当初の予定は日本三大急登の一つである「西黒尾根」を登るつもりだった

そして谷川岳から一ノ倉岳に行き戻って谷川岳肩の小屋泊。

翌日ロープーウェイで下山し水上温泉でお風呂に入り大阪に帰るつもりじゃったが、

天気予報を見ると翌日は大雨。しかも台風も近付いていたので簡単に登ることにした。


・・・・・
・・・・
・・・
・・

(コース)
土合駅→土合口(谷川岳ロープ-ウェイ)→天神平駅→熊穴沢避難小屋→天狗のたまり場→谷川岳肩の小屋→谷川岳トマノ耳→谷川岳オキノ耳(ピストン)



金曜に本社にて会議。そのまま仕事が終わり上野で宴会。


スーツと靴・仕事書類をクロネコ宅急便で自宅に送り

そのまま、お茶の水のビジネスホテルに泊ったわい。

翌日朝4時半に出発。


電車を乗りついで登山口である。土合駅に8時半到着。

DSC01431.jpg
↑「日本一のモグラ駅 土合駅」
DSC01434.jpg
↑プラッホームから改札までがかなり遠い。 しかもかなり不気味(:.;゜;Д;゜;.:)

ということで簡単動画作りまs知あ。

時間なかったので音楽のみですが雰囲気でもどうぞお。


↑簡単動画

動画見てわかると思いますがガスで景色が全く見えなかttでう。
しかも混みまくり。

下山は登山者で渋滞・・・

おりるのがたいへんでした。

連休はかなり混みますのでやめといたほうがいいかもです。



DSC01483.jpg
↑下山後は湯テルメ谷川にてお風呂(´ム_,` )
 いろいな温泉があってよかったのですが、せまい・・(||´_ゝ`)

IMG_2750.jpg
↑水上駅

17時半水上駅を出発して家についたのは0時頃でした。
かなりとおかった・・・。

今回ガスって何も見えなかったのでまたリベンジしたいです(^^)
でも連休ではいきたくないかな・・人がおおすぎる・・・(||´_ゝ`)
スポンサーサイト

2013/8/14-17 雲ノ平・鷲羽岳・槍ヶ岳(1日目)その1

ワシの10万人の動画ファンの皆さんに悪いんじゃが


今回は出張中の為動画作れんので申し訳ないけどなしじゃい(´ム_,` )


また大阪還りましたら作成します(^^)

・・・・・
・・・・
・・・
・・


ということで


8月のお盆を利用して北アルプス方面に行ってきたわい(´ム_,` )

DSC01068.jpg



今年のアルプス遠征はどこに行こうか出発前々日までなやんでしもた・・。


ちなみに去年夏のアルプス行きは2泊3日で新表銀座ルート。( ´,_ゝ`)


(中房→燕山荘→燕岳→燕山荘→大天荘(泊)→常念小屋→常念岳→蝶ヶ岳hyって(泊)→上高地)


という王道な見所たっぷりコース。


そっち方面は満足したので今年は違ったコースに行こうと思い、いろいろ考えたんじゃい。


DSC01348.jpg
↑実家のワガママ猫「ぴこぽん♪」



頭の悪いワシじゃが一生懸命考えたけっあk


何ヵ所か候補があがった。


・裏剣温泉縦走ルート。
・高天原・雲ノ平周回ルート(折立→周回→折立)※車
・折立から黒部五郎→新穂高温泉縦走ルート
・以前感動した笠ヶ岳
・南八ヶ岳周遊ルート※車
・雲ノ平(折立→新穂高温泉)定番縦走ルート
・裏銀座縦走ルート

・・・・etc

IMG_2280.jpg
↑「今回は少し歩く距離が長いので軽めに装備を整えたんじゃがそれでもやっぱり20kg・・・。
 いらんもん入れ過ぎなんかな・・」

・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・



ワシの窓際族ワークはギリギリまで休みがどうなるかわからんかった・・・


そのせいで行く日がかわりそうやから交通機関の予約もなかなかとれんし行き先も絞れんかった。


とりあえず最終的に絞った結果

・裏剣縦走ルート
・雲の平縦走ルート


のどちらかにしようかと考えたが


雲の平縦走ルートにすることにした。



雲ノ平・・・。


よく聞く話では本当にいいとこらしい。


景色がすごく本当に感動するみたいだ。


そんな話を聞いていたら


どんなとこか行ってみたくなったわい(´ム_,` )



( ´,_ゝ`)クックック・・・



( ´,_ゝ`)クックック・・・



( ´,_ゝ`)クックック・・・



海の平か雲の平が知らんがしょうがないから行ってみてやるかい(´ム_,` )



ということで 今年最後のアルプスは雲ノ平に行くことにした。



※雲ノ平・・・雲ノ平は祖父岳火山により形成された。黒部川の本流とその支流岩苔小谷に挟まれた標高2,500~2,700mの日本で最も高い位置にある溶岩台地である。池塘と岩が点在する高山植物の宝庫であり、それぞれ○○庭園と名付けらた庭園がある。北アルプスの最深部に位置するため、どの登山口からでも当日中にたどり着くことが困難である。日本最後の秘境と呼ばれる。(wikiから引用)


最初の計画
(1日目)
折立→薬師沢キャンプ場
(2日目)
薬師沢キャンプ場→雲ノ平キャンプ場
(3日目)
雲ノ平キャンプ場→双六小屋9
(4日目)
双六小屋→新穂高温泉
という計画。

じゃが

行ったコース
(1日目)
富山駅⇒折立→太郎平小屋→左俣出合→薬師沢小屋→アラスカ庭園→雲ノ平山荘→雲ノ平キャンプ場(テント泊)
(2日目)
雲ノ平キャンプ場→祖父岳→岩苔乗越→鷲羽岳→三俣山荘→双六小屋(テント泊)
(3日目)
双六小屋→樅沢岳→千丈乗越→槍ヶ岳→飛騨乗越→槍平山荘(テント泊)
(4日目)
槍平山荘→新穂高温泉


・・・・
・・・
・・



出発2日前から交通機関の準備。緑の窓口で大阪から富山駅行きの切符を購入。


帰省ラッシュもあり指定席も撮れんかと思ったんじゃが問題なしにゲット。

IMG_2278.jpg

次に富山地鉄乗車券センターに電話し、5時発の「富山駅→折立」行きバスを予約。(´∇`)|ョ モシモシィ~?


二日前という事で空いてないかなって思ってたんじゃが、キャンセルが1席空いてるという・・・。



( ´,_ゝ`)クックック・・・



( ´,_ゝ`)クックック・・・



ついてる男はたまらんわい( ´,_ゝ`)

・・・・・
・・・・
・・・
・・



(´ム_,` )



出発日当日仕事を終えすぐ家に。( ´,_ゝ`)

家を19時半に出発し20時55分発の特急「サンダーバード」に乗り富山に00時位に着。


折立行きのバスが5時に出発なのでバスロータリー乗り場でマットをひき野宿。

IMG_2283.jpg

夜も熱帯夜かと思ったら涼しく快適で蚊とかもいなくて意外と快適じゃったわい(´ム_,` )


マットで横になって爆睡していたらいつの間にか5時近くなり人が集まっていた。


ギリギリまで寝転がっていたんじゃがみんなから冷たい視線を感じすぐに寝場所を片づけそのままバスに乗る準備…。(||´_ゝ`)


DSC00938.jpg
↑折立行きバス

バスが到着したら受け付けが始まった。当日予約していない人も3人程余裕があったので乗れている人もいた。
乗れなかった人も次の便のバスに乗れたらしい。

この5時発だけが混んでるらしい。

DSC00940.jpg
↑折立に行く途中 トイレ休憩。


折立に7時頃に到着。

そこから服を着替え、体操、食事を食っていたら気付いたら40分位経っていた。

バスが一緒だった人たちはどうやらみんな出発していた。。

DSC00941.jpg
↑折立 「薬師岳登山口」

ここ登山口からそこそこの急坂。

急坂が終わるときれいな景色が・・・。

しかも天気も良く登山日和だった。(^^)

DSC00956.jpg
↑ 雲一つもなく快晴やったけど かなり暑かったわい。

DSC00958.jpg
↑ きれいなお花がけっこうさいてまsちあ^^


4時間位歩くと太郎小屋に(^^)

DSC00970.jpg
↑ 太郎平小屋


太郎平に着いたらとりあえずコーラが無性に飲みたかったので山小屋に行ったが売りきれ(:.;゜;Д;゜;.:)ソフトドリンクはお茶以外売り切れだという…。(||´_ゝ`)



しょうがないので冷たいお茶とカレーを購入。

DSC00966.jpg
↑「太郎平小屋カレーライス」(^^)


カレーは見た目は微妙やったけど、なかなか美味じゃったわい。


当初の1日目の計画はココから20分程行った場所に薬師峠キャンプ場があって泊るつもりじゃんったんじゃが


時間を見ると11時ちょい…。(||´_ゝ`)


なんか着くのも早かったし、コーラが無性に飲みたくなったんで薬師沢小屋か雲ノ平山荘に売っていると思ったんで、そのまま2日目の目的地の雲ノ平に行くことにしたわい( ´,_ゝ`)


DSC00967.jpg
↑太郎平から見る百名山の一つ「薬師岳」

太郎平からは・・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・


一日目を書き終えたいんじゃが眠いんで続きはまた今度…。(||´_ゝ`)


とりあえずねます(||´_ゝ`)

おやすみーー

( ´_ゝ`)( ´_ゝ)( ´_)( ´)( )・・・米 パッ


2013/8/14-17 雲ノ平・鷲羽岳・槍ヶ岳(編集中)

( ´,_ゝ`)クックック・・・

お盆を利用して北アルプスをテント泊で満喫してきたよ(´ム_,` )

IMG_2283.jpg
↑のじゅく

明後日から2週間九州と名古屋出張・・・(||´_ゝ`)

とりあえず気が向いたらあげますわい( ´,_ゝ`)

≪コース≫

(移動日)
 大阪駅⇒富山駅 (野宿)

(1日目)
富山駅(5時発のバス)⇒折立→太郎平小屋→左俣出合→薬師沢小屋→アラスカ庭園→雲ノ平山荘→雲ノ平キャンプ場(テント泊)

(2日目)
雲ノ平キャンプ場→祖父岳→岩苔乗越→鷲羽岳→三俣山荘→双六小屋(テント泊)

(3日目)

双六小屋→樅沢岳→千丈乗越→槍ヶ岳→飛騨乗越→槍平山荘(テント泊)

(4日目)
槍平山荘→新穂高温泉(中崎山荘にて入浴。朝8時55分のバスにて帰る)

(帰り)
新穂高温泉ロープー前駅⇒高山駅⇒名古屋駅⇒大阪駅


DSC01020.jpg
↑雲ノ平

DSC01034.jpg
↑雲ノ平

DSC01054.jpg
↑雲ノ平キャンプ場

DSC01115.jpg
↑鷲羽岳

DSC01127.jpg
↑鷲羽岳

DSC01137.jpg
↑鷲羽池

DSC01192.jpg
↑双六小屋キャンプ場

DSC01274.jpg
↑槍ヶ岳のぼり

DSC01280.jpg
↑槍ヶ岳


プロフィール

danashi

Author:danashi
主に奈良の山と金剛山に出没します^^
高所恐怖症&びびりで一人では危険なところにはいけないであります。
山での一期一会を大切にしてます^^

twitterしてます(^^)

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


訪問者さん^^
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
danashi twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。